トピックス

AIを活用したリアルタイム交通量調査!スタートアップ企業による“都市開発DXソリューション「MATIENCE」”実証実験をスタート

matience

北九州市では、先端技術・サービスの実証を支援する「東田・未来都市プロジェクト」の一環として、スタートアップ企業62Complex(株)が、八幡東区の交差点にセンサを設置してAIを活用したリアルタイム交通量調査を行う実証実験へのサポートを実施します。
これまで、調査員を交差点に配置して行う交通量調査では、人件費がかさむ、精度が安定しない、データを活用するまでに時間を要する、悪天候や夜間は計測が困難など多くの課題がありました。 これらの課題に対し、センサを用いることで、夜間や天候等の影響を受けずに、即時に安定したデータを取得することが可能になります。
このシステムの確立により、リアルタイムで交通量情報を把握でき、交通渋滞の緩和や、渋滞緩和による温室効果ガスの削減等といった社会課題の解決つながることが期待されます。 さらに、長期間のデータを取得することにより、自治体の交通政策への反映なども期待されます。

レーダ画像

62Complex(株) HPはこちら

北九州市 企画調整局 
企画政策部 企画課 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号 電話:093-582-2904